イベント情報
春夏秋冬、大都会東京近郊の野山を駆ける!
東京トレイルランシリーズ全6戦
【東京トレイルラン・シリーズ・チャンピォンに関して】

シリーズ・チャンピォンは春夏秋冬の6大会の獲得ポイント合計で決定されます。各大会において、 優勝は10ポイント、2位は9ポイント・・10位は1ポイントとなります。


男女各シリーズ・チャンピォンは最終戦「TOKYO八峰マウンテントレイル」表彰式会場において、 シリーズ・チャンピォン記念品が授与されます。 また、翌年から本大会が続く限り、シリーズ全6戦ともに参加費が免除になります。


2016年度の男女シリーズチャンピョンは2017年2月24日開催予定の「第1回ロタコーヒーマラソン」へご招待します。


【歴代シリーズチャンピョン】

2013年度 【男子】渡辺良治(東京都)【女子】山口季見子(東京都)

2014年度 【男子】渡辺良治(東京都)【女子】山口季見子(東京都)

2015年度 【男子】栗原孝浩(群馬県)【女子】上田愛(東京都)

2016年度 【男子】栗原孝浩(群馬県)【女子】上田愛(東京都)


1999年に始まり、トレイルラン大会の草分け的存在のレース。その後、春のトレランシーズンの幕開けを告げるレースとして定着。 春の訪れを感じながら、高水山常福院の御守りを目指し、青梅の野山を走ろう!初心者及び中級者向けの15q部門も人気です。

4つの山頂を走破して、眩いばかりの新緑を楽しむレース。山を愛する誰もが利用できる「成木の家」建設を記念して立ち上げた大会。 新緑の成木の森を堪能して下さい。カメラを忘れずに!また、春〜秋の期間は練習や休憩にも「成木の家」をご自由に利用下さい。

赤城の大峯山(標高1136m)中腹にある標高1000m前後の周回コース。そこにはドイツの森を思わせる深い広葉樹の森が広がっています。 夏は爽やかで涼しい高原気候を満喫できます。大会会場は横浜市が昭和村に所有する施設「赤城林間学園」です。 せっかくですから、前泊して、満天の星を楽しまれては?

東京都の水源林にある山梨県小菅村の広葉樹と巨樹の森。それに清流が育む広大なワサビ田。それら圧巻の風景をお楽しみ下さい! コスモスやソバの花も見事な時季です。標高1500m級を駆ける高山のレースです。

2000年に始めた先駆者的トレイルラン大会。年の瀬に霊験あらたかな御岳山をかけめぐる有難いレース。ゴールは御嶽神社境内です。 雪景色のレースとなる年も。地元皆さんの温かい応援とレース後の入浴サービスが人気です。

2015年誕生の新しいトレイルラン大会。人気の陣馬や景信など8峰を駆け抜けるレースです。富士山を望む絶景ポイントは最高! その年のトレランシーズンを締めくくる最後のレース。